田中圭の嫁がかわいい!子供かわいい?

是枝裕和監督の嫁や子供は?生い立ちが壮絶でエピソードを作品可している?

Sponsored Link

映画「万引き家族」で、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した是枝裕和監督

私は「誰も知らない」で是枝裕和監督のことを知ったんですが、心に深く刺さる感動的な映画を作られる方ですよね。その知名度は世界的なもので、実は私も知り合いの外国人にこの映画を勧められて見たんです。

今回は、世界で認められた偉大な監督・是枝裕和監督の家族や生い立ちについて調べてみました☆

Sponsored Link

是枝裕和監督の嫁や子供は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

With one of my favorite directors ever. Hirokazu Kore-eda, Japanese film director, producer, screenwriter, and editor ❤️ 📸🎥📷🎬🎞️ 是枝 裕和

Samina Seyed Photographyさん(@saminasyd)がシェアした投稿 –

どうやら、是枝裕和監督はご結婚されていているようなんです。いったいどんな方が奥さんなんでしょうか?また、お子さんの存在は?

よくあるパターンとして、監督と女優が結婚する…というものがあるので、是枝裕和監督も奥さんは女優…?と思ったんですが、奥さんに関する情報は一切出てきませんでした

つまり、是枝裕和監督の奥さんは一般の方である可能性は高いと思われます。いったい、どこでどんな風にして知り合ったんでしょうね?

そして、是枝裕和監督と奥さんの間には、ひとり娘さんがいらっしゃる模様。しかし、こちらも情報はなく、名前はおろか、年齢も不明なんです…。しっかりプライベートを守られている方なんですね

ちなみに、是枝裕和監督はご自身の父親との関係があまりよくなく、結婚に対して戸惑いの思いも抱えていたようですが、お子さんが誕生したことで、そういった不安もなくなったそうです。是枝裕和監督、きっとご家庭ではいい父親なんでしょうね☆

是枝裕和監督のプロフィール

是枝裕和監督は1962年6月6日生まれの現在57歳、東京都生まれの映画監督です。

映画好きの母親に連れられて、映画館でいろいろな映画を鑑賞するという幼少期を過ごした是枝裕和監督は、一方で特撮番組のウルトラマンなどからも大きな影響を受けました。

そんな是枝裕和監督は、1972年のミュンヘンオリンピックでの男子バレーボールの金メダル獲得に感動して、中学生~高校生時代にはバレーボールに打ち込んでいました。

その後、作家を目指して早稲田大学第一文学部に入学しますが、入学直後にイタリア人映画監督のフェデリコ・フェリーニの映画作品を鑑賞して感銘を受け、映画館に入り浸る生活を送ります。

映画監督になる」という夢も持ち始めた是枝裕和監督は、1987年には番組制作会社・テレビマンユニオンに就職、番組ADとして下積み生活を送っていきました

90年代にはいると、ドキュメンタリー番組を手掛けるようになり、1995年に映画「幻の光」で監督デビューを果たします!この作品で是枝裕和監督は、ベネチア映画祭金賞を受賞しているんです!デビュー作であの有名な映画祭で賞を獲得するなんて、すごいですよね~!

その次に制作した「ワンダフルライフ」では、ナント三大陸映画祭グランプリを受賞し、世界30か国で上映される大ヒット作となりました♪

2004年には「誰も知らない」で、主演の柳楽優弥さんカンヌ国際映画祭で史上最年少の最優秀男優賞受賞となり、大きな話題になりましたね。この作品は、実際にあった事件が元となっているそうです。私も見たんですが、胸の痛みが止まりませんでしたよ…。

その後も次々と多くの人々の心を揺さぶるような映画作品を取り続けた是枝裕和監督は、2018年に「万引き家族」でカンヌ国際映画祭の最高賞のパルム・ドール賞を受賞しました!これ、日本人としては史上4人目の快挙だったんだそうですよ☆

Sponsored Link

是枝裕和監督の生い立ちが壮絶?

家族をテーマにしたドラマチックな映画を製作されている是枝裕和監督ですが、ご本人自身の生い立ちも壮絶なんだとか?!

心にグサリと刺さるような映画が作ることができるような方なので、やはりそれなりにいろいろな人生経験を積んでいるとは想像できますが…。実は、是枝裕和監督は、ご自身の生い立ちのエピソードを元に映画を作っているんです

是枝裕和監督の生い立ちのエピソードを作品化している?

是枝裕和監督ご自身の生い立ちのエピソードをちりばめている映画…それは、2016年に公開された「海よりもまだ深く」。

是枝裕和監督は小さいころには平屋の二軒長屋暮らしをしていて、父親の割った薪で共同の井戸から汲んだ水を沸かした風呂に入るような生活を送っていたそうです。その後、9歳から28歳までを団地で暮らしていますが、長屋から団地に引っ越すときにとてもうれしかったというのがベースになっているとのこと。

映画の中では、母親役の樹木希林さんが「前の家と違って、台風が来ても安心できる。台風が大好き。」といったセリフを言う場面がありますが、強度が不安な家から引っ越せた安心感がとてもよく現れているシーンと思いませんか?これは、実際にそんな経験をしていないと、なかなか思いつかないセリフなんじゃないでしょうか…?

是枝裕和監督の嫁や子供、生い立ちについて【まとめ】

世界的な映画監督・是枝裕和監督には、奥さん娘さんがひとりいます!しかし、ご家族に関する情報は一切公表されておらず、どうやら一般人のようです

そんな是枝裕和監督は、長屋暮らしから団地に引っ越したというご自身の生い立ちを映画にしています。その映画は、2016年公開の「海よりもまだ深く」です!

カンヌ国際映画祭最高賞を受賞した世界が認める映画監督・是枝裕和監督の今後の作品も楽しみですね

Sponsored Link