台風13号「サンサン」の由来は?パンダのような名前は香港の女の子が関係する!?

Pocket

こんにちは、ウサKICHIです!

夏といえば台風がよく来ますよね。ついこの前の台風12号では厳重な警戒がなされていました。

そして8月8日か8月9日に首都圏にまた新しく台風13号が来るかもしれないらしいです。

そんな台風13号ですが、実は名前が「サンサン」と言うそうです!なので今回は台風13号サンサンの由来についてご紹介していこうと思いま~す。

Sponsored Link

台風13号の名前サンサンの意味

サンサンという名前を聞くと、「パンダか?」「犬か?」「SUN?台風なのに太陽?」「サンサン?33?フリーメイソン!」「ジブリのもののけ姫のサンか?」と思う方もいるでしょう!(おそらく最後方のは僕だけですね…。笑)

ちなみに今回の台風13号は英語表記で「Shanshan」というそうで意味は、香港で「少女の名前」だそうです。

つまり香港では女の子の名前にサンサンを使うのですね…!日本ではあまりつけなそうな名前です。

そもそも台風の名前ってどうやって決まるの?

台風について「~号」という表現のみが使われると思っていた方もいらっしゃると思いますが、実は台風には単独の固有名詞があるんです!

どのように名前を考えているのかと言うと、今は日本を含み14カ国が加盟している「台風委員会」という国際機関が台風の固有名詞をつくります。ただしココで作られた名前は加盟国でしか使われません。

ちなみにどんな国が加盟しているのかと言うと

元は「中国、香港、日本、ラオス、韓国、フィリピン、タイ」のみで構成されていて、その後「カンボジア、マレーシア、ベトナム、マカオ、北朝鮮、シンガポール、アメリカ合衆国」がこの順番で加盟します!

アメリカがいるのは意外でしたが、アメリカの太平洋側はアジア圏と同じ台風がよく来るのかもしれませんね…。

そして名前の決め方ですが全部で14カ国で140個の名前を決めて、台風が来たらそのうちのどれかを使うそうです。一年間に、この加盟国に関する台風は平均約25回発生するそうなので、5~6年ですべて使い切ることになりますね!

ちなみに日本が選んだ名前は

  • ハト
  • トカゲ
  • ヤギ
  • コンパス
  • コグマ
  • クジラ
  • カンムリ
  • カジキ
  • ウサギ
  • ヤギ
  • テンビン     

などです。

これを見ると30分で決めたのか?と思ってしまうのは僕だけですかね~。(笑)

 

なので今回の「サンサン」も香港の国民から見たら「テキトーだな~」と思っている方もいらっしゃると思います!

あと日本でいう、香港の「サンサン」ってなんでしょう?花子や陽菜あたりですかね~。

Sponsored Link

まとめ

以上「台風13号の名前サンサンの由来&意味」のご紹介でした!

もしかした首都圏や東北周辺に来るかもしれないとても強い台風ですので、皆さん台風12号に続き厳重な警戒をしていきましょう!

というわけで今回はこの辺で~。最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA