紅白歌合戦2019の出演者,司会者が発表!

東京オリンピック水泳のメダル候補まとめ!男子・女子の出場候補選手は?

2020年東京オリンピックの開催まであと一年を切った昨今、各競技の出場選手が続々と決定しています。

メダルが期待される競技種目の中で、特に注目を浴びているのは男子・女子ともに水泳の出場選手です。

アクシデントやスランプに見舞われた選手もいる中での波乱含みの選考は粛々と続いています。

東京オリンピック水泳のメダル候補、そして出場選手をまとめました!

Sponsored Link

東京オリンピック水泳のメダル候補まとめ!

ご存知の通り、男女ともにメダル候補になっている選手はそれぞれ輝かしい入賞履歴や記録をうち立てています。

近況やオリンピック選考に残るために乗り越えるべき課題、エピソードを交えてまとめました。

Sponsored Link

東京オリンピック水泳のメダルが期待出来る選手

https://twitter.com/rikakoikee/status/1105754310141530112

東京オリンピック水泳でメダルが期待できる選手は、これまでに競泳において著しい実績を積み上げてきた選手ばかりです。

女子競泳ではエースと目されていた池江瑠花子選手の白血病告白の影響もあって慎重に選考が進んでいる様子が窺えます。

萩野公介選手

2012年ロンドン五輪では高校生にして銅メダルを獲得し、2016年リオ五輪では金・銀・銅と3つのメダルを制覇したメダル大本命の選手が、男子競泳の萩野公介選手です。

しかしこの数年はスランプから脱せず、東京オリンピックへの出場が危ぶまれています。

「『こうありたい』という理想と現実の結果の差が少しずつ開いていき、モチベーションを保つことがきつくなりました」

引用元:https://www.sanspo.com/sports/amp/20190316/swi19031605050001-a.html

が、2019年8月のW杯東京大会では男子200メートル個人メドレーで3位に入賞。

10月に行われた短水路日本選手権の同種目では1位で決勝進出と、徐々に復活の兆しを見せています。

瀬戸大也選手

萩野公介選手とは少年時代からライバル関係として知られる瀬戸大也選手。

 

個人メドレーを始め、バタフライ、自由形、平泳ぎ、背泳ぎといったすべての泳法で全国大会優勝の経験を持っています。

リオ五輪では400m個人メドレーで銅メダルを獲得し、金メダルの萩野公介と共にW表彰台に立ったことは記憶に新しいですね。

2019年7月の世界水泳200m個人メドレーで金メダルを獲得し、いち早く東京オリンピックの切符を手にしました。

今井月選手

https://twitter.com/runa_imai/status/1161951242697859075

 

平泳ぎを得意とする今井月選手は、2019年9月開催された日本学生選手権での女子200m個人メドレーで初優勝を飾りました。

その一方で、同月開かれた国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」では、成年女子50m自由形では大会新記録のタイムをたたき出し優勝。

マルチな活躍が期待されています。

また、白血病治療に専念している池江瑠花子選手が親友として知られており、今井月選手に様々なアドバイスを送っているといいます。

渡部香生子選手

 

ロンドン五輪、それに次ぐリオ五輪ではいずれも本命種目である女子200m平泳ぎで代表となった実績があり、今期ももちろん代表入りが期待されている渡部香生子選手。

ケガに悩まされた時期を経て、着々と実績を残しています。

けれども世界選手権代表選考を兼ねた2019年6月のジャパン・オープンでは実力を発揮しきれず代表漏れするなど、不安要素がちらほら。

早稲田大学進学を通じて得た同世代の選手たちとの切磋琢磨が五輪へとつながることが期待されます。

東京オリンピック水泳の出場候補選手は?

東京オリンピック水泳の出場選手は続々と決定しています。

競泳の他にも飛び込みやアーティスティックスイミングなど、水泳種目は日本の花形であり見どころも満載です。

2019年10月現在代表入りが決定した選手をご紹介します。

水泳男子の出場候補選手

競泳では瀬戸大也選手が、200m・400m個人メドレーで既に代表入りを決めました。

シンクロ板飛び込みでは坂井 丞・寺内健両選手ペアの代表入りが内定しています。

3m飛び込みでは寺内健選手が内定済と、各種目着々と内定者が決定しているところです。

メダル獲得率が高い平泳ぎ部門で最終的にどの選手が選ばれるかが注目ですね。

こうして実際に選手が決まってくると、東京オリンピックがリアルに近づいてきてわくわくします!

水泳女子の出場候補選手

飛び込みでは高飛込で荒井祭里選手が、3m板飛び込みで三上紗也可選手が、それぞれ代表入りを果たしました。

2人とも世界選手権等で十分な実績を積んで、初めての東京オリンピックに挑みます。

フレッシュな演技が楽しみですね。

デュエットでは乾由紀子・吉田萌各選手ペアが、チームでは福村寿華・安永真白・塚本真由・京極おきな・木島萌香・柳澤明希各選手が内定しています。

乾以外の選手は皆、初のオリンピック。

高身長の選手を集めたチームのパフォーマンス、早く観せて欲しいですね!

東京オリンピック水泳の出場選手はいつ決定する?

競泳を始めとする個人種目、シンクロナイズドスイミングともに、代表選考を兼ねた大会として下記の大会が指定されています。

2020年4月までにすべての種目で代表が内定するスケジュールです。

月日 大会名 条件
個人種目 2019年 7月12-20日 世界水泳 決勝進出者
12位以内
2019年  9月6-8日 アジアカップ大会 優勝者
2020年 4月21-26日 ワールドカップ大会 準決勝
18位以内
シンクロナイズド種目 2019年 7月12-20日 世界水泳 決勝進出8位以内のペア
2020年 2月5-9日 国際大会派遣選手選考会 世界水泳での内定者以外の種目チームにワールドカップ大会の出場権を与え、その結果を基に選考委員会で総合判断し内定

が、気になるのは未だ競泳の内定者がほとんど埋まっていないこと。

スランプに見舞われている有力な選手の多さが泣きどころになっているのが現状です。

なんとか心身整えてもらって東京オリンピックを盛り上げてもらいたいですよね!

東京オリンピック水泳のメダル候補について【まとめ】

東京オリンピックのメダル候補は競泳選手に多くいることがわかりました!

ご紹介した選手以外にも期待されている有力選手は多く、競泳陣のメダルラッシュが期待されています!

一方でスランプに立ち向かっている選手もおり、代表選考はまだまだ予断を許さない状況です!

ここ一番の大事なときを見守りましょう!

Sponsored Link

紅白歌合戦出演者大予想中

紅白歌合戦の出演者発表の時期になってきましたね。
今年は誰が出演するのか予想しました!
紅白歌合戦2019(2020)の出演者が発表!曲や順番(タイムテーブル)&大トリを確認!