少子化は悪いことだけではない!メリットについてご紹介していきます!

Pocket

こんにちは!ウサKICHIです!

今回は世間でよく騒がれている少子化問題についてのデメリット!ではなく~(笑)、メリットについてご紹介していこうと思います。

ちなみにこの記事の前提として、一つ僕の考えをご紹介させていただきます。

まず僕は少子化によって発生する問題に対して「なにか凄いアイデアによって今すぐ全部解決できる」とは全く思っていません!

なので、あくまでこの記事内容は、現在進行形で少子化がこれからどんどん進んでいっているこの社会を,どのように暮らしていこうかと(ある意味)前向きに考えている方への内容です

Sponsored Link

少子化のメリット

メリット① グローバル化が進む

少子化によって将来的に人口は必ず減っていきます。

そうなってくると、働き手の減少により企業の欲している労働者の数がどんどん減っていきます!

そこで企業が目をつけるのが、優秀で比較的給料が少なくて済む他の国の方々(今は特に東南アジア)となり、そのような方々が企業にたくさん取り入れられます。

で!

日本でグローバル化が進むこともメリットですが、それは異なる文化の方々と接する機会が今よりグッと増えて、新しい文化や考え方が生まれるということです。

特に日本は独自の文化や考えを形成しているために、成長の足かせとなっていることが多々ありますので…。

ただしこのメリットは危険な思想を持つ人が増えて治安が悪くなる可能性があるというデメリットがあります。ただあくまで可能性の話で対策次第では解決できるかもしれません。

しかし僕はこのデメリット以上のメリットがグローバル化が進むことには、あると思っています。

メリット② 効率化が進む

先程も述べましたが、これから日本の労働力が足りなくなるのは明確です。

そうなってくると今よりも多く割合の労働者が「少ない労力で、できるだけ多くの成果を作り上げる必要がある!」という考えを持つようになります。

ということは機械による自動化や、半分自動化のようなものがより進むことは明らかで、これが更に進めば新たなビジネスが生まれ、結果的にそこまで労働人口を必要しない社会が実現しやすくなると思います。

メリット③ 子供一人に対する教育の質が上昇する

これは当然のことですが、子供の数が減れば一人ひとりにかけられる教育費や教育の時間は増えて、定義にもよりますが比較的優秀な大人に育つことにつながると思います。

(これはメリット②に結構影響を及ぼしていますね!)

あと、あまり良い表現ではないですが、頭の悪い大人がたくさん育つより、ちょっと少なくても(限度はありますが)頭の良い大人に子供が育つほうが、やっぱりこれからの世の中には適していると思います。 

Sponsored Link

まとめ

少子化のメリットについて3つご紹介させていただきました。

少子化はデメリットだらけだとよく言われていますが、その問題点の解決には少子化であることの強みを上手く活用していくことが重要だと思っています。

あともう一つ重要だと思うことがあります。それは一人ひとりの考え方です。

「人口が増加しないと絶対に社会が成り立たない」という考えや、「必ず結婚をして二人以上子供をつくる」という考えなどは捨てるべきだと僕は思います。

なぜなら地球上の資源は有限なので維持できる人口にも限りはあり国の中だけで今の規模の経済を維持させるというのは不可能に近い、という大前提があるからです。

なので少子化社会にならないようにする対策を考えるのは、実は長期的に考えれば少子化問題から逃げている行動で、少子化が今まで以上にどんどん進む前提で対策を考えるというのが、本当に少子化問題についてしっかり向き合っていることだと思っています。

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA