2018年台風14号の名前が「ヤギ」なのはなぜ?決めるのは台風委員会!

Pocket

こんにちは、ウサKICHIです!

只今接近中の台風13号ですが、台風14号も13号に続き日本に接近しています!

気象庁によると土曜日か日曜日あたりに奄美黄島、沖縄地方に上陸するそうです。

そして、そんな台風14号ですが、実は名前が「ヤギ」というらしいです。なので今回は、なぜヤギという名前になったのかを調査していこうと思います!

Sponsored Link

台風14号が「ヤギ」というのは日本が提案した?

そもそも台風について「~号」という表現の以外にも、実は台風には固有名詞があるんです!

どのように名前を考えているのかと言うと、今は日本を含み14カ国が加盟している「台風委員会」という国際機関が台風の固有名詞をつくります。ただしココで作られた名前は加盟国でしか使われません。

ちなみにどんな国が加盟しているのかと言うと

元は「中国、香港、日本、ラオス、韓国、フィリピン、タイ」のみで構成されていて、その後「カンボジア、マレーシア、ベトナム、マカオ、北朝鮮、シンガポール、アメリカ合衆国」がこの順番で加盟します!

アメリカがいるのは意外でしたが、アメリカの太平洋側はアジア圏と同じ台風がよく来るのかもしれませんね…。

そして名前の決め方ですが全部で14カ国で140個の名前を決めて、台風が来たらそのうちのどれかを使うそうです。一年間に、この加盟国に関する台風は平均約25回発生するそうなので、5~6年ですべて使い切ることになりますね!

ちなみに日本が選んだ名前はヤギ以外にも

  • ハト
  • トカゲ
  • コンパス
  • コグマ
  • クジラ
  • カンムリ
  • カジキ
  • ウサギ
  • テンビン  

などがあります。そして今回の台風14号の「ヤギ」というのは、どうも動物のヤギを示しているわけでは無く、星座の山羊座のことを示しているそうです!

たとえ「山羊座のことを示してますよ~。ロマンチックでしょ!?」と言われても、じゃあ他の台風の名前の星座はあるのか!と思いますよね。

実は、

ハト座もトカゲ座もコンパス座なども、他の台風の名前にもすべて星座がありました!(星座詳しくないのでわかりませんでした、スイマセン)

台風14号「ヤギ」に対するネット上でのコメント

今回の台風の名前がヤギであることが既に話題になっています!なので早速「#台風14号はヤギ」のツイートを確認していきます。

ネット上ではヤギと八木さんがかなりイジられています。

あと台風13号がサンサンだったのですが、これは香港で「少女の名前」(日本で言う花子のような感じ)の意味だったので。

「女の子の次はヤギか…。ハイジだな!」と仰っている方もしました。(なるほど。笑)

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか!

台風14号が「ヤギ」になる理由とヤギが山羊座の意味であることをご紹介してきました。

次の台風はおそらく他の国の台風の名前が使われると思います。なので、いつかウサギやトカゲ、テンビンなどの日本が命名した台風がくるのは少し後かもれませんね~!

 

というわけで今回はこの辺で。最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA