板川佳矢投手(横浜)の中学はどこ?元サッカー少年でドラフト評価も凄い!

Pocket

こんにちは、ウサKICHIです!

今年の甲子園は秋田県の公立高校の金足農業の活躍もあってかすごい盛り上がりを見せましたね!もちろん春夏連覇を果たした大阪桐蔭の活躍も盛り上がりの立役者です。

そんな甲子園でしたが、次は「第12回 BFA U18アジア選手権」ですよね!U-18日本代表(高校野球の選抜メンバー)20人の内に選ばれた選手として板川佳矢という横浜高校のピッチャーがいます。

なので本記事では板川選手の出身中学&プロフィールドラフト評価などをご紹介していきま~す!

Sponsored Link

板川佳矢選手の出身中学などのプロフィール

名前:板川 佳矢(いたがわ よしや)

生年月日:2000年

利き腕:左投げ、左打ち

身長:173cm

体重:66kg

ポジション:投手

出身:栃木県

所属:横浜高校(3年生)、BFA U-18アジア選手権日本代表

出身中学野木町立野木中学校です!そして中学時代は軟式の野球のピッチャーとして活躍していまいた!そしてや横浜高校ではじめて硬式野球の球で練習を初めたとのことです。

硬式の野球ボールになれるるのに時間がかかる方と思われていましたが、実は1年生の秋頃から横浜高校のエースを任されています!

身長や体重は平均的な日本人の値ですね!

ポジションはピッチャーということで最高球速は「137km/h」です。選抜メンバーの中では最高球速が比較的遅いほうですね…。

ですが、サウスポーということもあってか、打者を抑える技術はかなりのものがあります!

なのでコントロールやスタミナ面での評価がかなり高い安定したピッチャーです。ということで板川選手のドラフト評価も確認して行きましょ~う。

板川選手のドラフト評価

球団のドラフト評価は公になっていなく、はっきりとした情報はありませんでした~。

ただ、U-18日本代表メンバーにも選ばれている板川選手なので、今年の10月25日にあるドラフト会議でドラフト指名される可能性大です!

なので、今回のU-18アジア選手権での活躍次第という感じではないでしょうか?

というわけで板川選手の見事なピッチングを確認して行きましょ~う。

素晴らしいですね!さすが名門横浜高校のエースです!この試合では横浜高校が9-0で逗子高校から勝利を掴んでいます。

横浜高校は3回戦の金足農業戦で4-5で敗れてしましました…。この敗北を胸にU-18アジア選手権、またプロの野球選手となるために努力を惜しまないでほしいですね!

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか!

今回ご紹介させていただいた板川佳矢選手ですが、U-18アジア選手権では日本代表の背番号13番ピッチャーとして活躍します!

ぜひ、海外の選手から三振を強奪してほしいですね。さらに、ここでの活躍が認められれば、更にドラフト指名の可能性が上がる選手なのでぜひ活躍してほしいです!

あと、野球U-18日本代表メンバーで同じくピッチャーの渡邉勇太郎投手(浦和学院)や、吉田輝星投手(金足農業)に関する記事もあります!なのでもし気になる方がいましたら、是非チェックしてみてくださ~い。

渡邉勇太朗(浦和学院)のドラフト評価!球速球種や出身中学についても調査! 吉田輝星投手(金足農)ドラフト評価や出身中学は?父・母や彼女についても!

 

というわけで今回はこの辺で~。最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA