U-18日本代表野球の背番号の決め方が凄い!4番がない理由なども調査!

Pocket

こんにちは、ウサKICHIです!

8月も終わりに近づいているこんな時期でも、日々の酷暑で干からびそうです…。(笑)

そんな今の時期ですが、ついこの間、遂に甲子園が完結しましたね!結果は優勝候補と言い続けられた大阪桐蔭高校の優勝で、吉田輝星選手率いる秋田の金足農業高校が準優勝でしたね~。

そして、甲子園が幕を閉じて高校野球はもう終わりなのか…。違いますね!次はBFA U18アジア選手権の開幕です!

そのU18アジア選手権に出場する、U-18日本代表メンバーが決まりました。

なので本記事ではメンバーについてご紹介していこうと思うのですが、実は背番号の決め方が独特で4番が無いんです!なのでその辺りに関しても調査&考察していこうと思いま~す。

Sponsored Link

野球U‐18日本代表のメンバー&背番号

以下が今年のU‐18日本代表選手背番号名前高校名地名です)

投手  

  • 11 柿木蓮 大阪桐蔭(大阪)
  • 13 板川佳矢 横浜(神奈川)
  • 14 渡辺勇太朗 浦和学院(埼玉)
  • 15 野尻幸輝 木更津総合(千葉)  
  • 16 吉田輝星 金足農業(秋田)  
  • 17 奥川恭伸 星稜(石川)  
  • 18 市川悠太 明徳義塾(高知)  
  • 19 山田龍聖 高岡商(富山)

捕手  

  • 10 小泉航平 大阪桐蔭(大阪)    
  • 22 根来龍真 常葉大菊川(静岡)  

内野手  

  • 1 中川卓也 大阪桐蔭(大阪) 三塁・一塁  
  • 2 日置航 日大三(東京)遊撃  
  • 5 根尾昂 大阪桐蔭(大坂)  遊撃・投手  
  • 7 小園海斗 報徳学園(兵庫)  遊撃  
  • 8 奈良間大己 常葉大菊川(静岡) 遊撃

外野手

  • 21 蛭間拓哉 浦和学院(埼玉)  中堅  
  • 24 峯圭汰 創成館(長崎)  中堅  
  • 28 藤原恭大 大阪桐蔭(大阪)  中堅

大阪桐蔭の選手が5人もいて、それぞれのポジションに1人ずついますね…。(笑)

そりゃ春夏連覇もしますよね!

あと、内野手の選手にはそれぞれ高校でショートを担当していた選手で、外野手にはそれぞれの高校でセンターを担当してい選手ばかりですね…。

守備位置でショートセンターは守備が上手な人がする傾向があるので、そのような事になったのでしょう!

これは今までとは違うポジションに入った選手には少しなれない位置での守備となってしまう可能性がありますが、まぁ鍛えてきているので大丈夫だと思います。

そして今回注目していくのは背番号ですよね!という訳で背番号に焦点を合わせていこうと思いま~す。

野球U-18日本代表の背番号の決め方が凄い!なぜ4番が無いのか?

そもそも(小学・中学・高校野球などは特にそうなのですが)ポジションと背番号には関係があります!

  1. エースピッチャー
  2. キャッチャー
  3. ファースト
  4. セカンド
  5. サード
  6. ショート
  7. レフト
  8. センター
  9. ライト

という感じですね。このようにポジションと背番号には関係があるのが高校野球での決まりのようなものです…。ただし、プロ野球にはこの背番号とポジションの関係は特には無いです!

ちなみに、2018年の野球U-18日本代表の背番号とポジションの関係を改めてまとめると、

  • 投手 11、13、14、15、16、17、18、19
  • 捕手 10、22
  • 内野 1、2、5、7、8
  • 外野 21、24、28

ですね。

そして2017年と2016年の同じく野球U-18日本代表の背番号とポジションをまとめてみると、

2017年

投手 11、13、14、15、16、17、18、19

捕手 10、22

内野 1、2、3,5、7、8、

外野 9、21、24、28

2016年

投手 11、13、14、15、16、17、18、19

捕手 10、12

内野 1,2,3,4,5,6

外野 7、8

となります…。ますますわからないですね!

わかることとして投手はなぜか12が無い「11、13、14、15、16、17、18、19」である事と、番号は内野手から始まっているということですね…。

ですが、なぜ一昨年はあった4番が何故ないのか、なぜ去年にはあった3番が何故ないのかについては分かりませんでした…。(スイマセン)

ですが、それぞれのポジションでの背番号の決め方はある程度分かりました!

それはそれぞれのポジションではまずスタメンの番号が一番若い番号であることですもう一つはスタメンを除くメンバーの番号は出身高校が北にある高校のほうが番号が若いということです!

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか!

野球U-18日本代表の背番号は「スタメン」「主将」「出身高校の地域の北か南」などが関係しているということでした。

ですが、はっきりとした背番号の決め方は無いと考えたほうが良いと思われます!なぜなら背番号の4番や3番、また6番、9番、12番、20番、23番などが無い理由などが特には無いからです。

もしかしたら、選手や監督が背番号を決めているということも考えられますからね~。(笑)

という訳で背番号について、後日わかったことがあったら追記します!あと、もし「背番号の決め方を知っている!」という方がいましたら、ぜひコメント欄で教えて頂きたいです。

あと、U-18日本代表に選ばれた選手に関する記事もあります。以下の記事は野球U-18日本代表メンバーに選ばれた金足農業の吉田輝星選手と、同じく選出されて、かつ主将を担った大阪桐蔭の中川卓也選手についてです!

気になる方がいましたら是非チェックしてみてくださ~い。

中川卓也のルーティンをチェック!姉は美人で兄は甲子園出場?経歴をご紹介! 吉田輝星投手(金足農)ドラフト評価や出身中学は?父・母や彼女についても!

 

というわけで今回はこの辺で~。最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA