瀬川信太郎(民芸品/郷土玩具)の年収や経歴、高校は?山響屋はどこにある?

Pocket

民芸品郷土玩具で地域の良さを伝えている、瀬川信太郎さんが9月4日に『マツコの知らない世界』に出演しました!

瀬川さんはダルマの絵付け招き猫(郷土玩具)の販売などをしている方で、郷土玩具や民芸品に関しての知識は凄くある方です。

なので本記事ではそんな瀬川さんの経歴年収、また現在店主をしている『山響屋』などについてもご紹介していきたいと思いま~す。

Sponsored Link

瀬川信太郎の経歴(プロフィール)について!出身高校など!

名前:瀬川信太郎

生年:1984年

年齢:34歳or35歳(2018年8月時点)

出身地:長崎県南島原市

在住地:福岡県福岡市

出身高校:島原高等学校

見た目が結構若くて、凛々しい男性ですね!メガネがオシャレです。

長崎県出身の瀬川さんですが、18歳の2002年頃から日本海洋科学専門学校に入学します。その専門学生時代にバイトとしてアメリカ村と呼ばれる謎の地域にあるエスニック(民族)系雑貨店でショップ定員のバイトを始めます!

おそらくこの時期から、民芸品や郷土玩具に本格的に興味を持ち始めたのでは無いでしょうか?

そして6年後の2008年に同じ店舗の正社員として働き始めます。職務内容としてはバイヤーとして国内のみならず、国外とも買い付けを行っていたそうです!

そしてこの時期にもう一つ瀬川さんは始めたことがあります。それがダルマの絵付けです!その後様々な民芸品に触れていき、2015年には福岡県中央区今泉にて『うたげや』を開店!

そして民芸品や郷土玩具の勉強を続けていき今に至る。という感じです。

ちなみに大阪でDJをしていた過去があるそうです…。では、そんな色々なことに挑戦してきた好奇心旺盛の瀬川さんが、現在営んでいる『山響屋(やまびこや)』について調査していきま~す!

瀬川信太郎のお店『山響屋(やまびこや)』の場所や売ってる商品など

コチラが『山響屋』の内装や置いている商品がよくわかる動画です!

独特な形&色のダルマが特徴的ですね、虎の置物が僕は気に入りました…。(笑)

なんか部屋の中に置く一つのインテリアとして置くのに良いんじゃないですか?トイレや玄関なんかに!

実際、瀬川さんはお土産や開運グッズとして結構軽い気持ちで選んでほしいと仰っていたので、福岡県に訪れた際にお土産としてどうでしょうか?

<山響屋>

  • 所在地 福岡県福岡市中央区中央区今泉2丁目1 今泉2丁目1-55やまさコーポ101
  • 電話 092-753-9402
  • 山響屋の公式ホームページ
  • 営業時間 11:00~20:00(定休日:木曜)

 

ちなみにマツコの知らない世界では「赤べこ」「イタヤ狐(秋田県のいたや細工)」「仙台張子の雀」「岩手和紙、春日流の鹿踊り」などが紹介されました。赤べこは福島県のお土産商品ですね!

瀬川信太郎の年収!

瀬川信太郎さんの営んでいる『山響屋』などについてご紹介してきましたが、年収についても正直気になるところですね!

収入の入り口としては『山響屋』の店長としての収入、インタビューや雑誌取材の謝礼などが考えられますね…。

まぁテレビに出演するほど話題になっている方ということは、結構な額を稼いでいるのでは無いでしょうか?なので年収は意外と1000万円ぐらい行ってるんじゃないですか?(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか!

民芸品郷土玩具を販売している瀬川信太郎さんについて出身高校年齢、経営している『山響屋』などについてご紹介してきました~。

今回の”マツコの知らない世界”でさらに話題になっ人物だと思うので、これからの活躍は要注目です。今は九州では有名なクリエイターですが、いつか関東など東の方に進出してくるのでは無いでしょか?

あと、今回”マツコの知らない世界”に出演した瀬川信太郎さんについてご紹介してきましたが、マツコの知らない世界の出演者として「林慎悟」さんや「佐藤智彦」さんについての記事もあります!

なので、もし気になる方がいましたら、是非チェックしてみてくださ~い。

林慎悟(ぶどう農家)の妻が美人!年収、ぶどうの購入方法や値段についてもご紹介! 盆踊り名人佐藤智彦さんは独身?オススメの盆踊りや面白さをご紹介!

 

という訳で今回はこの辺で~。最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA