巨人の次期監督候補(高橋由伸の後任)に原辰徳が有力な理由!なぜかを調査!

Pocket

10月3日に巨人の高橋由伸監督が辞任することが明らかになりました。

辞任の理由は「在任3年連続でリーグ優勝を逃した責任」とのことですが、まぁスポーツの結果が全てではあると思うのでしょうが無いのでしょう…。

そこで次の巨人の監督が気になる所ですが、そこで原辰徳さんが一番有力視されています。原辰徳さんは過去に巨人の監督を担当していた方ですが、そこでなぜ原辰徳さんが高橋由伸監督の後任として相応しいのかが気になります!

なので本記事では原辰徳さんが巨人の次期監督に一番有力視されている理由として

  • 原辰徳監督の過去の活躍
  • 過去に原辰徳監督が巨人の監督を辞めた理由

などについて調査していこうと思います!

更に、まだ監督は完全に決まったわけでは無いので、他に有力視されている監督についても語っていきま~す。

Sponsored Link

巨人の高橋由伸監督が辞める!次期監督(後任)は誰?

高橋由伸監督といえば1998年から巨人(読売ジャイアンツ)の一員として長く活躍なされていた方です。2015年時点では翌年2016年には選手として現役継続を希望して言いましたが、原辰徳監督の勇退を受けて2016年からは現役引退→監督就任となった方ですよね。

そんな巨人の高橋由伸監督が今季限りで辞任することになったということです。クライマックスシリーズも近い今の時期に監督辞任というのはかなり慌ただしく話題になっています。

そこでネット上では早速次期監督を予想がなされていますが、その中でも原辰徳さんが次期監督には一番有力視されています。その理由について調査していきましょう!!

巨人の次期監督に原辰徳が有力視される理由

各種メディアでも巨人の次期監督に原辰徳さんを有力視しています。

プロ野球巨人が、今季限りでの辞任を表明した高橋由伸監督(43)の後任として、原辰徳前監督(60)を最有力候補に挙げていることが4日、分かった。シーズン終了後に正式に要請する方針で、受諾すれば3度目の監督就任となる。

 同日、東京都内で取材に応じた原氏は「チームが戦っている最中。現時点で言えることはありません」などと述べるにとどめた。

 原氏は2002年から2年間と、06年からの10年間、巨人の監督を務め、リーグ優勝7度、日本一に3度導いた。09年には日本代表監督としてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一になった。

 高橋監督は在任3年連続でリーグ優勝を逃した責任を取って辞任。後任の監督について、山口寿一オーナー(61)は「難しい状況で引き受けてもらう。経験、実績といったことは必要」と話していた。

引用元:産経新聞(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000526-san-base)

原辰徳監督は今まで二度巨人の監督を任されていた方なので、一部では「原辰徳監督に頼りすぎ」と思われいているそうです。

とはいっても山口寿一オーナーによれば「難しい状況で引き受けてもらう。経験、実績を行ったことは必要となっているので原辰徳さんが次期監督には適任らしいです。

というわけでこんな状況でも任せられる原辰徳さんのこれまで活躍をチェックしていきましょう!

原辰徳の過去の活躍

1981年に読売ジャイアンツに入団が決まった原辰徳さん。そして1995年に選手を引退してその後は野球評論家や巨人のコーチ、ヘッドコーチ、監督として活躍。

監督には2001年9月に第14代目読売ジャイアンツ監督、2005年10月に第16代目読売ジャイアンツ監督として就任しています!!

それでは原辰徳さんの監督時代の活躍(成績)についてですが、特に輝かしい物をまとめると以下のような感じですね!

  • 2002年監督就任後一年目で巨人を日本一に輝かせる。
  • 2009年日本シリーズで日本ハムに勝利。監督就任後二度目の日本一!
  • 2012年に再び日本シリーズで日本ハムに勝利。三年ぶり監督就任後三度目の日本一
  • 2013年は日本シリーズに出場するも東北楽天に負けて連覇ならず

山口オーナーのコメントで経験&実績が必要とのことなので

原辰徳前監督の優勝7回、日本一3回というのはかなりの成績です!ちなみに巨人の歴代監督には巨人一筋の方と年齢&実績等が重要視されます。

なので成績的な面で行けば他にも王貞治さん長嶋茂雄さんなどの凄い方々はいますが、やはり2人とも年齢的に少し厳しいです!

その面で原辰徳さんなら経験&実績は問題無い!年齢も60歳でまぁ問題無い!選手時代も監督時代も巨人一筋なので問題ない!ですよね~。

ただそれではなぜ原辰徳前監督が過去に二度も監督を辞めているのかが気になります…。その辺りもチェックしていきましょう!

原辰徳が過去に巨人の監督を辞めた理由

原辰徳監督が監督を辞めた理由は14代目の時も16代目の時もハッキリとしないものがあります…。

というのも、まず第14代目読売ジャイアンツ監督を辞めた理由は

当時の巨人のオーナー、渡邉恒雄オーナーが「原辰徳監督を読売グループ内の人事異動”の名目で監督を辞任、特別顧問に転任させたから」です!ちなみに人事異動の名目で原辰徳さんが監督を辞任した年の成績はそこまで良くありませんでした。

なので成績不振とまではいかなくても新しく巨人を立て直すという意味での監督辞任だったのでしょう!

 

ですが、16代目監督就任は、その前の15代目監督の堀内恒夫氏が成績不振により引責辞任したからです!!そして16代目監督の引退は2015年に勇退という形でした。

ということはこれまでのは原辰徳さんの監督の辞任というのはそこまで成績に関係していないということになります。

さらにさらに、もし今回の高橋由伸監督辞任後の次期監督が原辰徳さんになったとしたら、2005年の15代目監督の堀内恒夫氏の成績不振により引責辞任した後、原辰徳さんが第16代目監督に就任したパターンと同じですね!

なのでこれまでも同じような経験がある原辰徳さんが今回の高橋由伸監督の引責辞任に最も対応できる方ということになります。

 

とは言っても、確かに原辰徳監督が一番可能性が高いのは事実ですがネット上では他にも巨人次期監督候補は挙がっています!なのでその方々についても一応確認していきます!

Sponsored Link

原辰徳以外の巨人次期監督候補

ココからは原辰徳さんが次期監督になるのを断ったらの話ですが、現在ヘッドコーチの村田真一さんなども次期監督候補として挙げられています。

もしくは

2015年4月15日原辰徳監督がB型インフルエンザに罹った時に監督代行をした川相さん辺りですかね?

ちなみに川相 昌弘さんは現在は二軍の監督を担当しているのでありえそうです…。

巨人次期監督候補(高橋由伸の後任)についてのまとめ

いかがでしたでしょうか!

巨人の次期監督について各種メディアでは原辰徳さんが有力視されているので原辰徳さんのこれまでの監督としての活躍や監督を辞任した理由などについて調査していきました。

個人的には原辰徳さんに三度目の監督になってほしいですが…。「もういい加減、原辰徳に頼るは良くないだろ」「また原辰徳は普通すぎる」という声もあるので微妙な所です。

まぁ監督が誰でも強い巨人が戻ってくれば良いですね!!(笑)

というわけで次期監督について改めて分かり次第、改めて記事を書きます。これからの巨人の活躍には期待していきましょう!

 

では今回はこの辺で~。最後まで読んで頂きありがとうございました!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA