植田直通選手は海外移籍するの?出身高校や予想年俸もチェック!

Pocket

こんにちは!ウサKICHIです!

 

2018年ロシアW杯でベルギーに負けてしまった日本代表ですが、まずはベスト16おめでとうございます!そして4年後8年後の日本代表の活躍を期待しています。

今回のワールドカップである程度の結果を出せた日本代表ですが、そんな日本代表に選ばれた選手の中で最年少23歳「植田直通」選手という選手がいます!

なので今回は次のワールドカップの代表にも選ばれる可能性が高い、植田選手の海外移籍事情年俸について調査していきます!

Sponsored Link

植田選手のプロフィール

本名:植田直通(うえだ なおみち)

生年月日:1994年10月24日(23歳)

出身:熊本県

身長:186cm

出身校:宇土市立住吉中学校、熊本県立大津高等学校

在籍チーム:鹿島アントラーズ(日本)

ポジション:DF(CB

利き足:右足

植田直通選手の出身高校は「熊本県立大津高校」というところで全国サッカー選手権大会の常連校です!

植田選手は中学生の頃、競争(レギュラー争いなど)が少ないことが嫌だったらしいです。なので部員数が100人以上でレギュラーになるのが難しい「大津高校」に入学することにしました。

こういう行動からも「絶対に日本代表に選ばれる!」という強い気持ちが伝わってきますね!

確かに100人規模の部活でレギュラーになれなかったら日本代表なんてほぼ不可能ですもんね。

結果的に高校生の頃は体格にも恵まれていたので、一年生の頃からセンターバックとしてレギュラーに選ばれていたそうです!(凄い!)

植田選手は海外移籍するの?

植田選手は高校卒業後、数々の国内クラブからオファーがあったらしく、噂だけでも浦和レッズ、FC東京、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズなどがあるそうです。

そして結果的に植田選手は「鹿島アントラーズ」に入団することになりましたが、その才能は海外で活躍できるほどと日本のサッカーファンの方々は考えています!

実際、アジアカップに出場した際に柴崎選手と一緒にイタリアのメディアに取り上げられていました。

なので、そう遠くない未来に植田選手が海外移籍をする、ということは十分にありえそうですね!

 

ちなみにサッカーファンの間では、移籍先の国にオランダドイツが良いのでは?と考えられていますが、最近ではベルギーもかなり評価されています!

ぜひ植田選手にはサッカーが強い国で成長してほしいですね。

植田選手の現在の予想年俸

2013年(19歳) 360万円

2014年(20歳) 360万円

2015年(21歳) 1000万円

2016年(22歳) 1200万円

2017年(23歳) 1500万円 

2018年(24歳) 3000万円

サカマネ.net推定年俸より

やはり、これだけ活躍しているサッカー選手は、この年齢でもかなりの年俸を頂いているのですね!

とはいってもサッカー選手は生活費以外にも、色々な所でお金がかかります。さらにこれからさらに活躍の幅を広がらせる時には、もっとお金必要になるでしょう。

とりあえず2018年の年俸は約3000万円で、これからの活躍に比例してどんどん増えていくことでしょう!

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか!

植田選手の海外移籍や年俸、出身高校についてご紹介していきました。

今回のロシアワールドカップでは、初のベスト8入りまであと一歩という所で達成することが出来ませんでした。

次回以降のワールドカップで活躍するであろう植田選手には、ぜひ日本代表として頑張ってほしいですね。これからの活躍に期待&応援していきましょう!

Sponsored Link
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA