芸能人の逮捕秒読み疑惑のリストまとめてみた。

令和はダサい?イントネーションや考えた考案者&文字を書いた書道家についても調査!

Sponsored Link

2019年4月1日、ついに新元号が発表されました。その名も「令和」です。

ここのところ数々の新元号予想が出されていたり、平成を名残惜しく思う声が広がっていましたね。いざ「令和」に決まると、素敵な元号!と思った方もいれば、ダサい・・・と感じた方もいたかもしれません。

そこで、令和はダサい?イントネーションや考えた考案者&文字を書いた書道家について、いろいろと調べてみました!

Sponsored Link

令和ってダサい?ネット上の反応は?

私自身は、令和と発表されて意外でしたがとても素敵な元号だな~と感じました!全く予想されていたものと違ったので、驚いたもの大きいです。

それではネット上の反応を見てみましょう!

見てみると、

  • 「読みづらい!」
  • 「ダサい」

という声が意外とありましたね・・・。

ですが、おそらくまだ慣れていないだけということもあるのかもしれません。

しかし、カッコいい!という声も同じくらい見受けられました。渋い!という声もあったりして、意外と高評価に感じている方が多いのかなといった印象でした!

令和の意味って何?イントネーションは?

気になるのは、意味ですよね。これから新しい時代を進んでいくにあたって、元号の意味はとても重要なものとなります。

「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」と安倍総理が談話で発表されました。

今までは中国の古典を元に元号が考えられてきましたが、今回は日本の「万葉集」の、「初春の令月にして 気淑く風和ぎ 梅は鏡前の粉を披き 蘭は珮後の香を薫らす」という一節から取られたものということです。

https://toyokeizai.net/articles/-/274265

これからますます新たな文化が育っていく時代になりそうですので、意味としては素晴らしいものではないでしょうか。

ちなみに、イントネーションが分からない!といった声が多数出ています。確かに、上がるのか下がるのか、わからないですよね。

内閣府によると、正解はなく「自由に発音してください」とのことでした。読み仮名が間違っていなければどう発音してもいいということでしたので、自分の言いやすいように令和と言うようにしましょうね!

http://news.livedoor.com/article/detail/16250605/

Sponsored Link

令和を考えた人って?ちなみに平成を考えたのは誰?

今回の令和、考えた人が誰かとても気になりますよね!4月1日には、有識者会議があってそこで候補が6つ挙げられたと報じられています。この時点で、誰かが候補となる6つの元号を考えたことになりますね。

しかし菅官房長官は、「氏名の秘匿を(対象者が)希望している。明らかにすれば誰がどのような元号を考案したかなどが詮索される。こうしたことが適当ではないと考え、公表は差し控えたい」ということを発表していました。確かに考案者が誰か分かってしまうと、取材が殺到しますよね・・・。そのことを考慮して、今の時点では公表されていませんでした。

ですが今回の令和は、万葉集が典拠になっています。日本文学の専攻の学者さんが考案者である可能性が高いのではないでしょうか。

ちなみに今の平成を考えた方は、明らかになっています。それは、東洋史学者で東京大学名誉教授の山本達郎さんです。

平成の意味は、「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味があります。これもとても素敵な意味があったんですね。江戸時代最末期、「慶応」と改元された際の別案に平成があったそうですが、このときは採用されませんでした!

平成を考えた方が今明らかになっていますので、この先令和を考え方も明らかになるのではないかと予想できます。どなたなのか気になります~!

令和の文字を書いた書道家って誰?平成は誰だった?

令和の発表を受けて、文字がきれい!美しい!と感じた方も多いのではないでしょうか。発表のときに出すものなので、見やすくきれいな字が求められます。いったい誰が書いたのか気になりますよね!

書いた方は、「茂住菁邨(せいそん)」の号を持つ書家で、内閣府で辞令専門官として勤務し、定年後に再雇用された茂住修身(もずみおさみ)さんという方でした。

茂住修身

吉田沙保里さんらの国民栄誉賞の表彰状を書いたのも茂住修身さんということですので、書家としてとても有名な方なんですね。

ちなみに平成の文字を書いたのは、内閣総理大臣官房で人事課辞令専門職の河東純一さんという方です。新元号は誰が書くのか、と言われていましたがやはり人事課辞令専門職の方が書くようになっているのかもしれませんね。

河東純一

令和も平成もとても美しい字で、発表されるときの感動が増したのは確かです。

Sponsored Link

令和のダサい疑惑&イントネーション&考案者&書道家【まとめ】

以上、 令和のダサい疑惑&イントネーション&考案者&書道家を調べてみました!2019年5月1日には新元号の令和の時代が始まります。あまり実感はありませんが、素敵な時代になることを祈りたいですね。

Sponsored Link